勝連の按司「阿麻和利加那」


阿麻和利&勝連に関するおもろさうし


一 おもろ殿原よ
   精の口正しや
   勝連 選びやり ちよわれ
又 宣るも殿原よ
又 聞ゑ阿麻和利や
   国の弟者 成しよわちへ

一 勝連の阿麻和利
   十百歳 ちよわれ
又 肝高の阿麻和利
又 勝連と 似せて
又 肝高と 似せて

一 勝連わ てだ 向て
   門 開けて
   真玉 金 寄り合う
   玉の御内
又 肝高の 月 向て
又 勝連わ
   けさむ 今も
   按司 選ぶ

一 勝連の阿麻和利
   玉御柄杓 有りよな
   京 鎌倉
   此れど 言ちへ 鳴響ま
又 肝高の阿麻和利
又 島知りの御袖の按司
又 国知りの御袖按司
又 首里 おわる てだこす
   玉御柄杓 有りよわれ

一 勝連の貴み子
   真物寄せ 見遣らに
又 肝高の貴み子
又 綾手持ち 佩きよわちへ

一 つるこ達しよ 寄り居れ
   見る眼の 愛しやす
   真人は 寄り居れ
又 勝連のてだ

一 望月ぎや
   神にしやが 降れ立ち
   島の浦に 鳴響ませ
又 勝連の貴み子
   知られれ
又 肝高の貴み子
又 浜川の
   波打ち口 降れわちへ

一 勝連の鳴響みてだ
   百浦鳴響みてだ
又 肝高の鳴響みてだ
又 勝連の板口
又 肝高の金口
又 上からは 照間浜
又 下からは 浜川に

一 勝連の阿麻和利
   聞ゑ阿麻和利や
   大国の 鳴響み
又 肝高の阿麻和利

一 勝連わ 何にぎや 譬ゑる
   大和の 鎌倉に 譬ゑる
又 肝高わ 何にぎや

一 勝連は 如何る勝連が
   島の浦に 鳴響ませ
又 肝高は 如何る肝高が